スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

地域情報

◎実現! 小さな事から1つずつ。

1.市役所わきの近隣公園内に、子供の水遊び場オープン。また、牛久運動公園プールを視察し、改善点を指摘しました。来夏へ向け取り組み中。

2.郵便局本局わき道路への「駐車禁止」の路面表示、ポールの設置を実現。渋滞が解消されます。

3.牛久第三中学校の体育館のトイレが老朽化し不衛生なためリフォームされ、きれいになりました。(150万円予算を獲得)



◎市内幹線道路の整備状況

①市道23号線(牛久小南裏~刈谷カスミ~田宮町)の田宮町薬師寺裏の用地取得率は84%です。全線開通は平成33年度になる見込みです。

②牛久土浦バイパス(遠山町~城中町1、3キロ)の用地買取状況は、約96%です。

※2年半前、池辺前市長派議員を中心にボイコットされた「小坂城址土地購入の調査特別委員の設置」については、14対7で請願が採択されました。
スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

9月議会報告

○牛久市の10年後の税収見込みが公表されました
個人市民税は横ばいですが、固定資産税が約10億円減るため、全体では約13億円税収が減る見込みです。

○エスカードビルに関して
エスカードビルは5月、1階にスーパー「たいらや」が出店以後、2階より上は大型店の出店意向はありません。市は今後、市民が憩える「集いの場」の創出、利活用も検討します。

○牛久市空き家等対策計画が策定されました
空き家相談会の開催、空き家バンク制度による物件の仲介等計画されましたが、住民の生活環境を守るため、更なる迅速な対応、市の体制づくりが必要です。

○牛久運動公園に関して
牛久運動公園武道場の新設事業費は、地質調査の結果36本の杭打ち、福祉避難所の機能を持たせること等から、2120万円の増額補正となりました。

○生涯学習センターに関して
奥野生涯学習センターの給湯器更新工事及び三日月橋生涯学習センターの上水道設置工事(県南水道)を実施します。合わせて460万円です。
| BACK TO TOP |

JRへの長年の要望活動がついに実を結びました。

①上野東京ラインへの直通運転拡大

[早朝・朝通勤時間帯及び夕・夜間帯に、上野東京ラインへの直通運転を拡大します。]


早朝時間帯に勝田駅始発普通列車を新たに2本品川行として運転します。朝通勤時間帯に上野東京ラインへ直通し品川行とする高萩駅始発特急列車を1本、勝田駅始発普通列車を1本、土浦駅始発普通列車を3本新たに運転します。
夕・夜間帯の品川駅発17時台から22時台まで毎時特急列車上り1本・下り1本、普通列車上り2本・下り2本を新たに直通運転します。品川駅までの直通運転を拡大し、通勤やお出かけの利便性が向上します。


②常磐線(特急列車)

[早朝・朝通勤時間帯及び夕・夜間帯に、品川駅を発着する特急列車を16本増やし、上下60本(平日)運転します。]


上野東京ラインへ直通し品川駅を発着する特急「ひたち」「ときわ」は現在上下44本運転していますが、新たに早朝・朝通勤時間帯に上り1本・下り1本、朝通勤時間帯後に上り1本、夕・夜間帯に毎時上り1本・下り1本が品川駅発着となり、1日上下60本(平日)運転となります。これにより、通勤やお出かけの利便性が向上します。

※10月14日(土)の鉄道記念日にスタートとなります。
| BACK TO TOP |

6月議会報告

・牛久市議会基本条例が、議員提案により定められました。議会報告会の開催、パブリックコメントの実施による市民からの意見募集等を行います。

・シャトーカミヤの日本遺産登録に向けて、牛久市と甲州市(山梨県)の市長が連携することで合意しました。

・牛久一中体育館の建設工事請負契約が締結されました。金額は5億9184万円、工期は来年3月30日までです。県内有数の体育館となります。

・牛久南中の校舎大規模改造工事(1期工事)請負契約が締結されました。金額は2億3814万円、工期は今年11月17日までです。校舎外壁はもちろん、トイレを含む校舎内の改修です。

・みどり野地区(南1丁目)の雨水管布設の延長工事を前倒し実施します。工事請負費は5000万円、工期は来年3月末までです。

・うしくグリーンファーム(株)の第7期事業報告があり、ワインに加え、新たに牛久産ワインジュースが作成、販売されました。また今年度ペレット(小粒の固形燃料)が、公共の冷房で使用される予定です。
| BACK TO TOP |

市議会  交通体系特別委員として

①国道6号牛久土浦バイパスについては、国土交通省に要望を重ね、今年度は、牛久~土浦総事業費として9億6300万円を獲得し、遠山町、城中町の橋げた地盤工事に着手しました。近い将来、牛久沼から牛久小学校、青果市場を通って茎崎地区までの幹線が完成します。必ず皆さんの利便性向上に役立つと思います。

②知らなかった牛久の日本一
それは、JR牛久駅からの平均乗車時間です。1日の乗降客数は、ピーク時(昭和50年代)の5万人から現在の1万3千人に激減しましたが、更なる利便性向上のため、具体的要望を続けていきます。
| BACK TO TOP |
| ホーム | NEXT

プロフィール

小松崎 伸

Author:小松崎 伸
昭和33年7月生まれ。
牛久市議会議員
総務常任委員会委員

(現)
医療法人顧問
牛久市防犯連絡員
交通安全協会牛久支部常任委員

(元)
総務常任委員会委員長
教育民生常任委員会委員長
予算特別委員会委員長
県南水道企業団議会副議長
東洋大学甫水会茨城県支部長
牛久、茎崎ライオンズクラブ会長
牛久市PTA連絡協議会会長
岡田小学校PTA会長
牛久1中PTA会長  

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。