FC2ブログ

地域情報 No.2 2019・3月

◎小中学校のICT教育設備へ前進!
牛久市は、ICT教育整備が、県内市町村の中でも大きく遅れており、かねてより要望を続けてきました。やっと、小学校へのタブレット型パソコン、小中学校への電子黒板の整備を完了しました。平成31年度の予算により、すべての普通教室へのテレビモニターの整備を完了します。

◎旧第一幼稚園園舎撤去完了
アスベストが多く残っていた旧第一幼稚園園舎が、ついに撤去されました。アスベストが確認されてから、10年以上放置されてきました。今後は小学校の駐車場として使用予定です。

◎牛久市がエスカードビルの土地を購入!
エスカードビル再生のため、その土地約8850㎡を8800万円で買収します。牛久駅周辺のまちづくりを推進するうえで必要不可欠との牛久市の判断です。
スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

平成31年度予算の主なもの

○住民税非課税世帯及び3歳未満の子が属する世帯を対象に、プレミアム付商品券の販売を行います。1人2万5千円分を2万円(上限)で買えます。

○待機児童解消のため、0歳児から3歳児対象で定員19名の小規模保育園の建設を補助します。(9千万円)

○牛久駅西口のペデストリアンデッキについて、基本設計を実施します。(1826万円)

○うしく河童大根の銘柄産地指定を見込み、大根洗浄機の導入を補助します。(6894万円)

○東京圏から牛久市へ移住し就業もしくは起業した方に対し、支援金を支給します。(161万円)

○ひたち野うしく地区における宅地需要に応えるため、基本計画や地区計画素案の策定などを予定します。(3千万円)

○田宮・中柏田線から南へ(青果市場方面)の改良舗装を実施します。(2億5681万円)補償金は、1億1500万円です。
| BACK TO TOP |

平成30年12月議会報告

◎2つの空家物件(田宮町と刈谷町)について、略式代執行により、その建物及び敷地内樹木を除却します。相続該当者もおらず、危険度が高く800万円の予算計上です。

◎牛久市立第一幼稚園が、平成31年4月に中根小学校内からひたち野中学校(予定)の隣に移転新築され開園します。定員は、140名から70名に改正されます。

◎老朽化のため、ひたち野の牛久運動公園プールのドーム上屋の解体撤去工事が始まります。約6カ月間の工期で6660万円の予算です。開閉式のドームがなくなるのは、とても残念です。

◎企業誘致奨励金の財源を計画的に確保するため、条例を改正します。この10年間で、9社が400億円を超える設備投資を行っています。毎年度、4億円に増額します。

◎平成27年度に市役所本庁舎、分庁舎に設置しました太陽光発電システムについて、会計検査院から「補助の対象とは認められない」と指摘され、1267万円を返還するため予算計上となりました。

◎牛久シャトー
12月28日、牛久シャトーの飲食店、売店が撤退しました。シャトーは、牛久のシンボルであり、牛久の歴史そのものです。そして、市民の心のよりどころでもあります。牛久の街が元気がなくならないよう、早急に企業への営業再開、市への協力体制を要請して参ります。

◎小学生通学用ヘルメット無償配布
市は、来年度から、市内小学校児童全員(約4850名)を対象に通学用ヘルメットを無償配布することを決定しました。(県内44市町村中、11市町村で導入済)大阪北部地震でのブロック塀崩壊事故の発生以降、検討を重ねてきました。しかし今回、議会への事前の説明がなかったため、修正動議が出されましたが、採決で原案賛成が多数となり、導入が決まりました。

◎イズミヤ撤退後の敷金返還のついて
エスカードビルの地権者が、ビルの管理をしている牛久都市開発(株)へ敷金を返済する方法を協議、検討しています。議会への補正予算の計上も想定されます。
| BACK TO TOP |

9月議会報告

◎市民の要望に応えます!
毎年実施している「市民満足度調査」をもとに、牛久市は初めて、今年度内にその要望を実行します。
①防犯カメラの6基増設(向台、南7丁目、栄町3丁目、ひたち野東4丁目の各交差点)
②道路の改修2か所(女化神社前、柏田弁天橋付近)
③空き家対策(リーフレット作成、相談受付)

◎災害に備える施設装備で被災証明スピードアップ!
来年度より、被災者生活再建支援システム導入によって、被災証明の判定が自動になります。予算は半分が茨城県からの補助金です。

◎8月、牛久市運動部活動の運営方針を策定。
国並びに茨城県に則り、牛久市はその運営方針を策定しました。その内容は、週2日以上の休養日、平日の活動時間2時間程度、朝練習は原則なし等です。学校は、毎年度その活動方針を策定しますが、生徒の自主性、想いを大切にしてほしいと思います。
| BACK TO TOP |

6月議会報告

●牛久南中学校の校舎大規模改造(2期工事)の請負契約を締結しました。特別教室棟、技術棟等の工事で契約価格は、1億5984万円。工期は今年11月22日までです。

●市内小中学校が、8月14日から16日までのお盆の期間中初めて完全閉校日となります。花の水かけや動物の世話等地域の人たちと一緒に協力していきます。

●南1丁目地内で、183m間の雨水管工事の請負契約を締結しました。契約金額は、2億6892万円で工期は平成31年3月29日までです。地域全体の雨水対策にとても重要な工事です。

●牛久市が出資するうしくグリーンファーム(株)の経営状況が報告されました。29年度は、前年度に引き続き生産した小麦を加工し、小中学校等に提供。30年度は、初めて阿見町の農地でじゃがいもを栽培予定で、大幅な増産増収を見込んでいます。エネルギー部門では、BDF(ディーゼルエンジン用燃料)と木質ペレット(固形燃料)の製造業務を委託されています。

◎牛久運動公園及び牛久運動広場の施設使用料
上記の支払い時期については、「前納」と定めていましたが、予約時に現金の用意が必要なことや悪天候やスケジュール変更によるキャンセルの際に返金手続きが多数発生することなどから、使用当日にも支払いができるよう、納付時期を「施設の使用開始前までに」と改正することになりました。8月1日施行予定です。

◎固定資産税の課税標準の特例措置について
中小企業の生産性の向上を実現するため、一定の設備投資について固定資産税の特例措置が創設されました。その内容は、3つの要件を満たすことを条件に「固定資産税の課税標準を最初の3年間に限りゼロとする」ものです。3つの要件とは①市が作成した計画に基づいている②労働生産性が年平均3%以上向上する③生産、販売活動等に直接使われることです。

◎アスベストの残る旧第一幼稚園園舎の解体撤去
従来より強く要望し、結論が二転三転していた上記の件、ついに本年度中に解体撤去することになりました。
| BACK TO TOP |
| ホーム | NEXT

プロフィール

小松崎 伸

Author:小松崎 伸
昭和33年7月生まれ。
牛久市議会議員
総務常任委員会委員

(現)
医療法人顧問
牛久市防犯連絡員
交通安全協会牛久支部常任委員
交通体系整備促進調査特別委員会委員

(元)
総務常任委員会委員長
教育民生常任委員会委員長
予算特別委員会委員長
県南水道企業団議会副議長
東洋大学甫水会茨城県支部長
牛久、茎崎ライオンズクラブ会長
牛久市PTA連絡協議会会長
岡田小学校PTA会長
牛久1中PTA会長  

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー